スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BJやファミコンもあったなあ

本来ならば、今日の日記の記事は
某100の質問に答えようと思ってたんですけれど、
書いても書いても終わらなかったのでギブアップ。
で、諦めるから寝るか・・・と思ってたんですが
喋りたいネタがあったので
それでお茶を濁そうと思います。

むかーし、小学生の頃かな。
遠くの親戚の家に家族旅行で
遊びに行くことが多かったんですね。
私んちは両親ともに末っ子なので、
従兄弟はほぼ全員一回り歳の離れた人ばっかり。
置いてある遊び道具も本も見たこと無いものばかりで
そりゃあ楽しいものでした。

で、とある家の居間のソファーの上に
やたら表紙の絵がごっつい文庫本がありましてね。
今思うと翻訳されたアチラ産のゲームブックだったんですが、
書いてあることがおっかないし挿絵も壮絶だし
なんかすぐ死ぬしですぐに飽きて放り出しちゃったんですけど・・・

大人になってふと、
猛烈にあれがやりたいなーと思う時があるんですよね。
今だったらきっと楽しく、時に爆笑しながらプレイ出来る自信がある!
でも哀しいかな、残念ながら本のタイトルも出版社も、
一体どこの家で読んだのかさえも分からない始末。
そっくり同じものは無理でも近い物を読んでみたいなー。
でもどこを探せばいいのかな。ネットしかないかなー。

ちなみに昔好きだったゲームブックは
にゃんたんシリーズです。
かいじゅう島とかお化けハウスとか何度もやったなー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。