スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ドラマ+α感想(長文)

そろそろ時期的に書いておかないと
機会がなくなってしまうぜ!あと忘れそう!
という事で春に見ていたドラマの雑感などなど。
星の数字は5点が最高点。
満足度とか面白かったとかそういうアレです。
個人の評価なのであまり気にせずどうぞ。


長いっす。


月曜日

 「ハンチョウ」 ★ 3・9

って、これまだ終わって無いんですけどね。
そして微妙な数字・・・。
回によって脚本の良さにバラつきがあったので
好きだけど物足りない、そんな印象です。
塚地さん演じる須田刑事がシリーズ当初
足を骨折していたんですけどあれって意味あったのか?とか。
ひょっとしたらリアルで怪我されてたのかも
しれないんですけど、それにしてもちょっとね。
安積警部補と村雨巡査のBLくささを考えると4点に繰り上がります(笑)
腐女子は本当にしょうがないよね!

火曜日
「白い春」 ★4,7

良かった!
全体的なクオリティの高さを考えると
たぶん今期1、2を争う出来。
阿部さんはやっぱいい役者さんだよなあ。
大橋のぞみちゃんはこれが初ドラマだったみたいですけど
演技がとっても上手で、何より愛らしくて大変えがったです・・・。
人を殺して出所してきたばかりの男性が主人公なので
一話なんか大変荒んでて見るのがしんどくて、
切るか・・・?とも思ったんですが。
主人公が娘と出会って、だんだん元の
無愛想だけど優しい性格に戻っていき、
それに伴いドラマの雰囲気もじわじわ
コミカルになっていくのが良かったですね。
登場人物の心理描写も丁寧で、
それだけにグッと来るシーンも多かったです。
最後のオチがちょっと唐突だったかなあとも思いますが
本人たちはたぶん満足していると思うのであれはあれで。

水曜日
「臨場」 ★ 4,9

個人的に春のナンバーワンはこれ。
一話から欠かさず見ましたけど、
常に満足度が高かったという素晴らしい出来でした。
鑑識のやり方がすごい細かくてリアリティがあり、
ストーリーや演出も地に足が付いて浮ついた感じでは
なかったのも高評価。役者さんの演技も、どなたも素晴らしかった!
ヒロインを下手に若い女優さんにしなかったのもええですね。
全体的に地味で、男くさくて華が無いドラマでしたが
だ が そ こ が い い !
原作のストックが無いようなので続編は難しいかもですが、
いつか二期を作って欲しいなあ。話数も短かったですし。

それにしても主人公の倉石さんはカッコよかった。
あんな人を上司に欲しいなあ。


木曜日

「BOSS」 ★3、3

決して悪くは無いんですが、なんか物足りなかった。
「天海祐希さんカッコイイドラマ」というコンセプトなんだろうなとは思うし、
それは成功してると思うんですが
結局それだけだったなー、と。
腋キャラが個性的で面白くなりそうだと思ったんですけど
一部のキャラには2週くらいかけて掘り下げるくせに
他の面子はほぼ放置、というか
割とおざなりだったのでなんだかなーという気分。
女性部下がツンデレる過程は良かったですけど。
今期は「臨場」があったのでどうしても
全体的に軽く見えちゃうってのもあります。

金曜日

「必殺仕事人2009」 ★ 4

再放送で以前の仕事人をちらほら見ていたんですが
2009もなかなか良かったんじゃないかと思います。
個人的にはもう少しえぐくてもいいのよと
思ったりもしましたが、そうすると毎週鬱になるので
やっぱりこれくらいで良かったかな・・・
今回の主人公の嫁は可愛くてモエモエでした。

土曜日

「ゴッドハンド輝」 ★ 4、1

テル先生のキャラがお気に入りで毎週楽しみに見てたんですけど
四宮先生と仲良くなったところで
いきなり終わっちゃってポカーンでした。
ええー、もっと見たかったよーー。
原作では四宮先生は男性なんすねえ。
ドラマの方ではライバルであっても
恋愛方面に特化はしてなかったので、特に違和感なく見れました。
なんだか原作が欲しくなってきたぞ。

「MR.BRAIN」 ★ 3,5(4~6話は★4,5)

キャスト勢は豪華なんですが
その分脚本がちょっと薄くて勿体無い気分に。
脳科学の豆知識なんかは面白いです。
あ、でも4話から6話にかけては評価がかなり上がります!
記憶障害のピアニストと15年間監禁されていた少女のお話。
どっちも切なくて、後味がちょっと悪くて、良かったなあ。
今週~来週辺りがクライマックスなんですが
そっちが割りとどうでもいい感じ・・・。
別にさー、最終回だからって変にでかい事件にしなくてもいいのよ?
これ、「BOSS」にも言えるんすけどね。

「名探偵の掟」 ★ 3,5

登場人物が己の役割を知ってしまっている変なドラマ。
メタフィクション物はアニメや漫画では良く見るようになりましたが
ドラマでこれをやったのって初めて・・・?
推理モノを嗜む人ならば笑えるネタ満載でしたが
そうでないと少々厳しかったかもしれませんね。
力を抜いて見る分にはいい作品でした。
ただ、演出にもう少しメリハリがあればなあ。
話の性質上しょうがないんですけど、
グダグダでだれちゃうシーンが多かったのでそこが残念。

日曜日

「ぼくの妹」 ★ 4、1

タイトルからしてほのぼのコメディかな~と
思っていたんですがそんな事もなかった。
基本的に優しい世界観なんですが
一人の男の登場で所々バイオレンス。
でも、それで緊張感が出て
毎週なんだかんだで続きがどうなるかさっぱり分からない、
見逃せないドラマになっていたのは事実。
兄と妹の関係が、デフォルメされたものではなく
現実味のあるドライだけれども仲良しな感じで
良かったなーと思います。
個人的には好きだったんですけど
視聴率的にはあんま芳しくなかったようで残念。
いきものがかりの主題歌も良かったです。


おまけ

「振り返れば奴がいる」

再放送をやってたので、いい機会とばかりに
見てみたんですが面白くて鼻水出た。
三谷さんが、現場で脚本いじられまくったって言ってたから
どんなんなんだろうとかねがね気になっていましたが、
それがかえっていい味になっていると思いました。
基本陰謀渦巻くドロドロの病院内輪もめの話なんですが、
ところどころ三谷さんのユーモアも混じってて新鮮で面白いです。
司馬先生は魅力的なんですが、
ときどき言動と行動に支離滅裂なところがあって、
最後まで何考えているのか良く分からない不思議なキャラでした。
これ、狙ってやってたらすごいんですけど
脚本改竄の結果でもあるかもなのでなかなか評価が難しいっすね。
時々伏線とかぶっ飛んでいましたしね。
え、このフラグ回収しないの・・・?とか。
いや、しかし織田さんの目力はすごい!
最終回の時とかすんごい迫力の演技でたまげました。

・メイド刑事

スカートの丈が長くて色は黒(紺?)、
そしてご主人様大好き!となれば
私が食いつかないはずがない!
『福田沙紀ちゃんにメイド服着せたかったんです』
という感じのドラマなので全体的にチープ感が否めないんですが、
主人公が潜入するお屋敷がいまのところ
そんなに悪い人がいない・・・というより
良い人の割合が多いので見ている分には
ストレスがなくていい感じです。
悪人を捕まる+人間関係修復、みたいな方向性なのかな。
深夜にまったり見る分にはオススメです。
福田さんも可愛らしいですし。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。