スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BECK観に行ったんよ

そうそう、こないだ映画「BECK」見てきました。
原作が音楽モノだということ以外何にも知らないという
まっさらな状態で見に行ったんですが、
なかなか面白かったです。

退屈な学校生活に飽き飽きしていた男の子が
バンドを組んでカッコ良くデビュー!
可愛い女の子とも仲良くなりました!
という王道すぎるくらい王道な作品でしたが
役者さんの丁寧な演技と堤監督らしいギャグの挿入で
最後まで楽しく見る事が出来ました。
メインのキャラは皆いい味出しつつ、
かつイケメンさんなので
かなりミーハーな目線で見ていましたね私。
というか萌え萌えでしたね!はい!
佐藤健さんのファンは今すぐダッシュして見に行くべき。可愛い。
あと、向井理さん演じる平さんが妙にえろくて
上映中かなりどきどきしていたんですが

「他の作品では全然何とも思わなかったけど何でかなあ」
「すぐ脱ぐからじゃない」
「そ、そっか…」

とぶった切られてしまい己の単純さにちょっとしょんぼり。
そんなこんなで個人的にはとても良く出来たいい青春映画だったんですが、
例のあの演出だけがなー、どうにかならなかったのかなー、アレ。
原作者さんの提案だし元々そういう作品だったらしいんで
あれも正解だとは思うんですけど、なんか盛り上がりに欠けた…。
最初の満月のシーンはまだ良かったんですけどね。
なんのこっちゃ分からんという方は映画見てみてください。
ちょっとネタバレになっちゃうので深くは言えない…むがむぐっ。
設定的にしょうがないかなーと納得はしてるんですが。いろいろな意味で。
思っていたよりも原作信者さんの方も満足できる内容なのかもです。
なんとなーくそんな気がする…。

とまあフワフワした感想で申し訳ない。
出来ればもう一回観たい…がお金余裕ないので
大人しくロードショー化するのを待ちます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。