スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラーリィのピチピチさは異常

shell.jpg

こないだ買った漫画二冊を読んだら
ウオオオ面白いわああああ漫画さいこうううううと
テンション上がってきたので早めの日記更新。
久しぶりに漫画の感想だー、ルンルン!

渡辺道明
「ハーメルンのバイオリン弾き~~シェルクンチク~ 1」


7年前・・・じゃない、もう8年も前にガンガンで連載されてた
「ハーメルンのバイオリン弾き」の実質的な続編。
ある理由で大魔法使いを目指すシェル君と
前回の主人公の二人の子供、グレートさんが
スフォルツェンドの魔法学校で頑張るお話・・・なのかな。

しかし、前作が好きすぎるのでまともな評価が出来ません。
グレートが親父殿に似過ぎていて
ウワーテライケメンやー関わらないでくれ系ツンデレやー
あ、っていうかハーメルがそもそも美形だという設定だったんだ忘れてたーとか
そんな偏った意見しか出て来ません事よ・・・こりゃ駄目だ。
前作でハーメルとフルートがくっつくのは大いに結構なんですが
大魔王の血とかその辺どうなの、大丈夫なの、と
こっそり心配してたんでですが、グレートを見てると
全然大丈夫そうではないですね・・・。鬱だ。
ハーメルもその辺の事考えて子作りすればよかったのNE!
(おっさんのような笑みを浮かべながら)

渡辺先生の絵柄も変わってないようでちょっと変化しているので、
懐かしい気持ちと新鮮な気持ちの両方で読むことが出来ます。
とりあえず早く二巻!にーかーん!
早くシェル君が地獄の筋肉痛に苦しめられる姿が見たい!


稲垣理一郎・村田雄介
「アイシールド21 33」


ずっと帝黒のターン!な巻ですね。
私この試合を本誌で読んでて(こりゃ勝てないんじゃね?)と
思ってたんですが読み直してもそんな気がする・・・。
っつか単行本を読んで一番驚いたのは
花梨ちゃんが腐女子だった件です。あーびっくりした。
直接的にそういう描写は出てないんですが
おまけページの花梨ブログを見てたら
なんかこう、独特の匂いというかスメルが・・。
やたら男性人は奇麗めに描いてるのに
女の子はわりかしぞんないな描き方とか。
同人誌とか作っちゃってるところとか。
村田さんそういうの勉強しないで!
なんかいたたまれない気持ちになるから!

てかまあ、それなら花梨ちゃんがアメフトやめないのも納得だ。
ビビリで退部を言い出せないのもあるかもですが
大和さんやら鷹みたいなイケメンがいるならやめないよね!それわかるー!
大和さんいいよね、爽やかでいい人っぽいけど
微妙に人の話聞かなくて俺様ちゃんで。
進さんとはまた違ったキモさがあって好みです。うふふ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。