スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名誉を超えた戦い

今日は頑張って二件の記事を更新だ!
といってもそう苦労はしていません、
だって前の日記(ブログではないのがミソ)から
転載しただけなんですもの、オホホ!
もっとも、多少加筆や修正はしてますけんども。
基本は当時の・・・えーと、2004年のままなので
多少ふいんきが違いますがそこはまあ、その、
アレな感じでお楽しみ下さい。

「封仙娘娘追宝録奮闘編③ 名誉を超えた戦い」

総評
まず、ひさいちさんの絵がCGになったのに驚き。
個人的にこの方の絵はアナログ塗りのほうが
映えると思うのですが。なんかくすんで見えまする。
そして和穂の眉毛が「太い」から「でかい」へ進化。
腰が抜けそうになりました。か、かまぼこ眉・・・。
眉の太いおんにゃのこは好きですがでかいのはいかがか。
カラーはまだごまかせてもモノクロは致命的。
なんとかして、いやマジで。

~名誉を超えた戦い~

『たわけ!村人と生まれたからには村長を目指すのは当然の理!』

で、この表題作。
村長決定武道大会に飛び入り参加する話。
ストーリーは普通ですが宝貝が面白い。
感覚のあるバーチャル格闘体験器みたいな感じ。
自分も大見得きりながらイフリート召還とかしてみたいものです。

~その男の名は~

『休むんじゃなくて、さぼるのが楽しいんだよ。』
『兄ちゃん、まだまだ若いな。』

変化系宝貝のせいで無理やり別の人に変化してしまった殷雷の話。
ヒントが満載だったのにオチが最後まで
わからなかったのが素直に悔しい。
ゲストキャラの虎蘭と狼憂の夫婦が結構好きです。
人生の楽しみ方を知ってる人たちですね。

~揺るぎ無き誓い~

『無理だ。君には僕は破壊出来ない』

いきなり和穂達の前に現れた宝貝の少年。
回収しようと挑む殷雷だったが彼の刀が全く通用しない!
武器の宝貝が手も足も出ないこの少年の正体は?
というのがこの話のキモですね。
ネタバレになるのであまり語れませんがただ一言。
借金はちゃんと返そうね!

~災いを呼ぶ剣士~

『俺は宝貝を返しに来たんだ!』

使用者に不運を与えまくる事で修行をさせる宝貝に
取り付かれてしまった男の話。
これと同じタイプの道具、ドラえもんでもあったね。
和穂と殷雷の阿吽の呼吸が冴える一品。
信頼し合ってるっていいですねえ。
にしても和穂さんは普通に頭がいいよな・・・。

~傷だらけのたかかい~

『いやぁ、こうやって腹ばいになって、
 干し肉をガシガシ噛んでると、いかにも極限状態って感じがするよね』

宝貝の力で知能を持ち、凶暴になった鷹に
平原で追い詰められてしまいました。はて困った…。
と書くと呑気そうな話になりますが
実はほんのりサスペンス。真相を貴方は見抜けますか?
作者さんも言ってるけどタイトルが上手い。
担当のK氏、GJ!

~最後の審判~

『結局、俺が一番貧乏籤をひいたんじゃないのか!』

難儀な性格の女に難儀な宝貝が渡ってしまった。
記憶も宝貝も奪われた和穂に勝機はあるのか!?
…という展開ですが話のオチは割りと早く
分かってしまったのでちょっと物足りなかったかも。
それはさておき、作中に度々名前だけ出てくる
湯飲みの宝貝が気になる…。
一応攻撃機能が付いてるらしいけど、どんなんだろう。
やっぱりお茶をぶっ掛けるとか?地味だけど嫌だなあ…。


さて、さくさく次の記事の編集にいきますよ!
しかし、今読むと湯飲みの宝貝と化修のエピソードは
ここで大体の下敷きが出来てたんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。